読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おまつののんべんだらり

おまつの過去・今・未来とか色々書いていきます。

〜小学生その1〜 「恋する明るいデブ」

私は、1986年7月7日七夕に三兄弟末っ子として産まれました。

 

父はトラックの装飾業。いわゆる『デコトラ職人』です。

※父についてはまた後日書きたいと思います。

母はパートタイマー。小学生の時はスーパーで働いてたかな。

 

小さいころは完全にママッ子だったそうで、

姉兄が叔母と出掛けたりしても

私だけは「ママといるー!」と出掛けなかったそうです。

 

 

さて、私の小学生の時どんなんだったかと言うと、

一言で言えば

 

 

「肥満児」

 

 

です。

 

小学校4年生の時に慎重140cm弱で体重が60kg近く。

一度学校でもらう健康カードの備考欄に

「肥満」というスタンプが押されていたのは忘れもしません。

 

ちなみにその「肥満」スタンプが押されるとどうなるかというと

「小児生活習慣病の疑い」ということで

学校以外の施設で検査を受けるのです。(当時の話です)

 

※この時の健康カードは二度と見たくないと思い、

中学生に上がった時にこっそり捨てました。

 

 

そんな私ですが、

今の性格は、ほぼこの時には確立していたのかもしれません。

そう、いわゆる『明るいデブ』です。

 

 

太っている女子って男子が絡みやすいんですよ。

そして可愛い女子にも好かれるのです。 

 

何故なら害がないからです。

 

既に自分の中でも「キャラ確立」していたので

弄られるのも『おいしい』って思ってたし、

男子とも女子とも仲良くなれる中立の立場で最高でした。

 

好きなゴハンはシチュー丼。またはお肉の脂身。

好きな甘い物はいちごに牛乳かけて、砂糖をかけたもの。

たまに冷蔵庫の練乳をスプーンにすくって飲んでいたのは内緒です♡

・・・我ながら凄いな。笑

 

 

そんな中でも実は恋愛主義者。

常に想いを寄せる男の子がいました。

 

いいのです。私なんて。

 

女子として見られてなくても、

他の女子よりもちょっと近い存在でいられれば。

むしろその方が居心地が良いのだから。

 

 

でもバレンタインは特別。

唯一好きな男の子に女子としてアピールが出来る日。

 

 

渡したい。

でも私なんて・・・。

明るいデブ弱気。

 

 

『こんな私にもらってもきっと喜んでくれないだろう。』

 

 

 

悩みに悩んで結局何を思ったのか、

なんとチョコレートに醤油を入れてウケ狙いに走ったのです!

 

1個試食しました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

悶絶!!!!!!

 

 

 

 

---------------------------

 

綺麗にラッピングして好きな人のおうちへ♪

 

しかし、ピンポンを押すことが出来ず。

これまた何を思ったのか、玄関の前に置いて帰りました。

 

しかもよく考えたら私の名前を書き忘れていました。

 

 

 

玄関先に置かれた

名前のないラッピングされた手作りチョコ。

しかも中身は醤油味のチョコレート。

  

 

・・・・完全に嫌がらせですね。笑 

 

 

 

結局好きな人に想いもチョコレートの事も打ち明けることも出来ず、

彼が食べたのかどうかも分からないまま、

私の儚い恋心は終わってしまったのです。 

 

そんな彼と成人式で再会した事は

また機会があったか書こうと思います。

 

ぜひ皆様「醤油味のチョコレート」

罰ゲームなどにピッタリ!

是非お試しください!笑